クレジットカード画像

クレジットスコアとクレジットカード

クレジットスコア(信用力)が高い人と低い人とでは、クレジットカードを申し込んだ際、どのような対応の違いがあるのでしょうか?

例えば、信用力がものすごく高い人は、ブラックカード(センチュリオンカード)を持つことすら許されます。ブラックカードでは、高級車でもジェット機でも、クルーザーでも、欲しいものは何でも買うことができます。

一方、信用力の低い人は、クレジットカードを持つことすらなかなかできません。変則的なクレジットカードしかもてない場合も多いです。例えばフリーターの方は、一般的なクレジットカードはなかなか審査にとおらず、リボルビング払いのカードしかもてなかったりします。その様なカードはリボルビングの金利が高く、なかなか使い勝手が悪いものですが仕方がないのです。

カード会社のスコアリングとクレジットスコア

クレジットカード会社や銀行などは、住宅ローンやクレジットカードの審査をするとき、勤務先や勤続年数、居住形態などの属性に応じて点数をつけ、合計点で評価します。これをスコアリングといいます。

あくまで会社の中でのスコアリングのため、社内スコアリングといい、その結果で一定の点数をとるとクレジットカードの発行が許可され、限度額がそのスコアに応じて設定されます。もちろん社内スコアなので、そのスコアが外部にもれたり、外部で使われることはありません。

アメリカのクレジットスコアの状況

アメリカでは、カード会社の社内スコアリングのほかに、信用情報機関に集まるクレジットカード履歴を加工した「クレジットスコア」という点数制度が普及しています。

下が300点で上は850点まであり、点数が高いほど信用力があるとされます。そして、このスコアが金融機関だけでなく、それ以外の社会全体で信用の証として使われているのです。

そして、クレジットスコアが低いと、就職などにも影響を与えてしまうのです。

クレジットスコアとカードの審査

当然ですが、クレジットスコアはクレジットカードの審査に大きな影響を与えます。勤務先や勤務年数などの属性がクレジットカードの審査にどれだけ影響を与えるのかは、カード審査に関しての情報サイトを参考にしてください。